お見合い用写真を用意するときのコツ

お見合い用のプロフィールを作成する際、第一印象を左右する写真は慎重に準備、選定を行う事が大切です。きちんと感があり、明るく、清潔感が漂うものであることは必須条件です。お見合い相手の社会的地位にもよりますが、服装はカジュアルになりすぎないようにしましょう。男性であればスーツ、女性であれば明るめの色のセットアップかワンピースなどが好感度が高く無難です。メイクはナチュラルメイクが基本です。寒色系を使うと暗く見えるので避けます。写真館でプロに取ってもらう場合、光線や角度が計算されていますので雰囲気の柔らかいものを用意することができます。現在では希望すれば自然な感じを出すために、屋外の緑などを背景に撮ってくれる業者もあります。個人で用意する場合は逆光になったり、影ができすぎないよう注意が必要です。修正用ソフトを使用して手直しをする場合、肌のムラや髪の乱れを整える程度にしておき、目の大きさなど顔の造作はそのままにしておきます。実物とかけ離れているとトラブルの原因になりかねません。上半身、あるいは全身が映っているLサイズのものが標準です。背の低い人や太り気味の人は体だけ立ち位置を斜めにした方が引き締まって見えます。 43

お見合いで使える自己紹介の文例について

お見合いでは、最初から相手のことをよく知っているわけでないので自己紹介が大切な役割を果たしています。お見合いが成功するかどうかがかかっているといっても過言ではありません。そのような場面において実際に使える自己紹介の文例について紹介していきたいと思います。 実際のお見合いの場で話がはずむように趣味についての話題を入れておくのはおすすめです。「読者が好き」という内容に加えて最近読んだ本のタイトルなどを記入しておくと、相手に興味をもってもらいやすいかもしれません。その話がきっかけとなって、お見合いの席での会話も盛り上がるでしょう。逆に相手がそうした自己紹介文を送ってきていた場合には、その話題について話しかけてみると良いです。 その他に、自分の性格やそれを表すエピソードなどを端的に記入しても良いでしょう。家族と仲が良くてよく旅行に行くといった内容や、仕事に対する考え方などを記入すると、相手も自分のことを真剣に考えてくれるようになります。 お見合いを成功させて素敵な出会いにつなげるために、最初の第一歩として自己紹介文は非常に大切でしょう。相手の知りたいこと、自分の伝えたいことをバランス良くとりいれながら作成してみてください。 44